なぜハゲたのかと聞かれても、とにかくハゲてしまったのです。 なぜ育毛をするのかと聞かれても、とにかく育毛したいのです。

Author

けつお
40代はハゲでした ミノキシジルとフィナステリドで育毛

30代の中頃から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は
誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの
塗り方を工夫、洗髪の大改善でAGA克服
に取り組んでいますが、「もうダメだ」
と何度も挫折しそうになっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用   ←今まだここです
②ボリュームアップの小技集
③ミノキシジルの考察
④一般用医薬品の追加
⑤洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に工夫改善したことを書
こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。
そして今は50代の育毛になっています。


メール

お名前:
メール:
件名:
本文:

髪よ太く長く、脱毛対策その2|大豆イソフラボン


過去の話しなのですが、2度も男性に襲われたことがあります。
いつも突然で、気が付くと抱きつかれてキスをされていました。
ヒゲがじょりじょり痛いなぁと、すぐに思いましたが、
パニック?で何が起こっているのか理解できませんでした。

相手の方は、どちらも社会的地位の高い方なのに、なぜかキスの後はお姉言葉でした。

わたしが正気に戻るのは翌日で、悩んだあげく、
「キスの前にはヒゲは剃らなくちゃいかんな」
「襲うのはいかんな、同意を得なくちゃ」
「自分に同性愛は無かったな」

という結論に達しました。

痴漢にあった多くの女性と同じく、襲われたことは沈黙しました。

さて、前の記事のホルモンの表ですが、面白いのが分泌のピークです。
男性は早く20歳頃で、女性は30歳頃、その差は約10年です。

男性ホルモン女性ホルモンの変化の表


どうも10代半ばから、景色がキラキラ輝いて見えたのは、
ホルモンMAXでハァハァになっていんですね。
(_ _ガク

周りが変わったのではなく、自分が変わっていたとは。



表を育毛対策として見直しますと、
40代から男性ホルモンは徐々に下降しているのに対し、
女性ホルモンは急降下しています。

男性ホルモンはフィナステリドに任せ、
女性ホルモンを何とかしたいと思いました。

ホルモンが減ると性欲も減る

理由は、
女性の髪は長く伸びる
女性の髪は寿命が長く、男性の約2倍ほどもある
ニューハーフの人は薄毛になりにくい
ということからです。

女性のびまん性脱毛症は、女性ホルモンの減少が関係するそうです。

女性ホルモンを得るには、
オオカミ男のように襲って、お姉言葉で自ら分泌を促したり、
吸血鬼のように女性から吸い取ることは不可能でしょうから、

わたしに出来ることは、
平和なハトのように豆を食べる
サプリメントで補う
ということになりました。

実際、出産後の女性は、体調のため女性ホルモンに似た大豆イソフラボンを多く摂取されるようです。

そこでまず、納豆を食べ、豆乳を飲むように心がけました。
変化としては、数年試すと体調は良くなりましたが、髪への効果はあまり感じませんでした。

続いて、昨年から大豆イソフラボンのサプリを試しました。
サプリメントは薬ではなく食品扱い、しかも飲むだけなので、とても気楽で手軽でした。

すると、1ヶ月経もたないうちに、またヒゲが薄くなりました。
これには驚きました。

育毛前はヒゲが剛毛だったのに、薄く細く少なくなり、
「ヒゲが減って、そのぶん前髪が増えたら嬉しいな」
と、半年ほど飲んだところ、体重が5キロも増えました。
(_ _ガク

やり過ぎ感がありましたので、その後は2日か3日に1錠に減らしました。
すると体重は元に戻り、ヒゲは薄いままです。
どのくらい薄くなったかといいますと、ヒゲ剃りは2日に1回に減りました。

※日本皮膚科学会の2017年版ガイドラインにある通り、 ヒゲや胸毛が減ると前頭部や頭頂部の髪が伸びるかも?

髪の変化はといいますと、全体的に長くなったように思います。
※思っているだけで、正確にはわかりません。

例えば、前髪の伸びや、洗髪時に抜ける髪です。
それまで、抜けた髪で長いものは10センチほどだったのに、今は15センチ以上のもけっこう増えました。

「うわっ、長っ! 今日までありがとう、次もよろしくね」
などと思っているので、抜け毛が長くなったことは間違いありません。
髪は1年で12センチ以上は伸びますので、つじつまも合います。

薄毛治療はコツコツと

また、6月と9月の脱毛期(わたしの場合)も、日数が減ったように思います。

男性ホルモンはフィナステリドで、
女性ホルモンは大豆イソフラボン
育毛するなら大豆イソフラボンも試す価値はある、とわたしは思います。

※ここでグッと握りこぶし