なぜハゲたのかと聞かれても、とにかくハゲてしまったのです。 なぜ育毛をするのかと聞かれても、とにかく育毛したいのです。

Author

けつお
40代はハゲでした ミノキシジルとフィナステリドで育毛

30代の中頃から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は
誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの
塗り方を工夫、洗髪の大改善でAGA克服
に取り組んでいますが、「もうダメだ」
と何度も挫折しそうになっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用   ←今まだここです
②ボリュームアップの小技集
③ミノキシジルの考察
④一般用医薬品の追加
⑤洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に工夫改善したことを書
こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。
そして今は50代の育毛になっています。


メール

お名前:
メール:
件名:
本文:

ミノキシジル外用薬の成分|こんな感じ?


ミノキシジルに詳しい方は、たくさんおられます。
受容体に作用し、IGF-1、FGF、HGF、VEGF、β-カテニンが産生を促して~、ヘアサイクルがこうなって~。

「そんなに詳しく説明されても、サッパリわから~ん」
と、わたしは自分の知識の少なさにガッカリです。

( 'ノェ')コッソリ UFOとかPTAとか4HD(40代はした。)なら理解できるんですけど。

ジヒドロテストストロン

かといって、全く知らないのは残念なことのようです。
連れ合いに「薄毛の原因は、夜中にこっそり小人が髪を引き抜いているんだ、ミノキシジルを塗ると小人よけになるんだ」
と言ったら「説明書を読んでる?」と、呆れられました。

就寝中の抜け毛

そんなわけで「題名は立派」ですが、残念な知識で記事を書いてみたいと思います。

「えーっ、5年も育毛してるのに、そんな程度かよ」
と、ガッカリさせてしまったらごめんなさい。


その前に、ご年配の知識

薄毛対策に3.3%の少数の方だけが発毛薬を使うと、以前の記事に書きました。
フサフサになるのはたったの1%以下|狭き門

わたしと同年代(50歳)以上は、「薄毛は不治の病」と思っておられる方が多いです。

なぜなら、101という中国の秘薬も効かなかった、トントンブラシも効かなかった、ゴマもアロエも効かなかった。
リアップ(1%)を競って購入したものの、数ヶ月では生えなかったと、踊り疲れてクタクタになられたからです。

5年ほど前、わたしがミノキシジル外用薬を始めたと言ったところ、
「X5って、しゃれた名前になっても効かない」
「外国のおかしげな薬も使うな」
「薄毛は自然の摂理」
「人は外見ではない」
と、多くの先輩方から反対する意見をいただきました。
無駄な苦労はさせたくない、というご意見番の親切心です。

先輩方

けれど今では、
「うわっ、本当に生えた」
と、わたしを見て驚かれる方がほとんどです。
うふっ、ニヤニヤ

何を言いたいのかと申しますと、これから育毛される方は、ご年配の意見はちょっとスルーした方が良いということです。
育毛に玉砕された方のアドバイスほど、ネガティブで虚しいものはありません。

ミノキシジルは継続すれば、薄毛にしっかり効くようです。


わたしの知識

薄毛になるまで、100円くらいの石鹸で全身も髪も洗い、保湿はヘチマ水を顔の中心にペタペタと塗るくらいでした。
その時はそれで良かったんです、体からどんどん油や汁が出ていたんです。

けれど抜け毛が増えてから、頭皮の固さも気になり、リンスや乳液に興味を持ちました。
そしてついに、簡単な化粧水や乳液は作れるようにまで成長しました。
多くの方が、ネットで手作りコスメを紹介してくださるおかげです。

乳液の自作

ミノキシジル外用薬の成分は、乳液の成分とよく似ています。
だってミノキシジルローションですから、「ミノキシジル入りの乳液」ということですよね?


成分

やっと本題の成分についてです。
いつも長々とすみません。

ミノキシジル
主成分
有効濃度があり、少な過ぎても多過ぎても好ましくない
時間が経つと黄色に変色する
冷えると結晶化する
多価アルコール
ミノキシジルの溶解や、頭皮の保湿に必要
エタノール
経皮吸収、速乾に必要
ミノキシジルは溶けない

ミノキシジルは溶けない
ペーハー調整剤
5~7くらいが良い?
わりとアルカリ寄りが多い
+α
化粧品などの成分
薬事法などの関係で、発毛にはほとんど影響しない
※特に日本製

わたしの言葉にすると、こうなります。

ミノキシジル
発毛剤と育毛剤の違いはミノキシジルにかかっています。
用量用法を守って頭皮に根気よく塗布すれば、発毛し、髪が太くなり、やがて伸びます。
初期脱毛はミノキシジルが効いている証拠?
濃度が高くなるほどベタベタ、ゴワゴワで使いづらくなり、嫌になる原因となります。
何年も続けるなら5%までがお勧めです。
何から出来ているのかは知りません。
なぜ効くのかも知りません。キッパリ
多価アルコール
いろいろ種類があるらしいです。
多いとベタベタして、乾きません。
痒みの原因?
※湿度の高い日など、乾かない時は塗り広げると良いです。
エタノール
ミノキシジルを浸透させるためや、サッパリ感に必要だそうです。
多過ぎると、頭皮がカサカサになります。
これまた痒みの原因?
※早く乾く場合は塗り広げなくても良いみたいです。

天然水はどうでしょう?(冗談)
ペーハー調整剤
肌に近い方が肌荒れが少なくステキだと思います。
化粧水はpH6前後が多いようです。
+α
隠し味みたいなもの?
意外と大事なポイントだと思います。

ここ数年、保湿成分(+α)が増えたように思います。
リアップⅩ5はプラスとなり、ポラリスもフォリックスになってから「しっとり」したように感じます。
髪が減ると、頭皮が乾燥するからでしょうか。


使用感

昨年末から、国産のミノキシジル外用薬がどんどん発売され、選択肢が増えたことは嬉しい限りです。
でも、どれが良いのか迷ってしまいます。
やはり王道のリアップX5か、はたまた挑戦のリグロEX5か、価格破壊も容器の工夫も見逃せません。

一番重要な相性は、試してみないと分かりません。

痒み 副作用で逆効果になりませんよう
ベタつき 整髪に影響します
価格 ずーっと使うものはお安い方が嬉しいですね
これらは、選択の大きなポイントになると思います。

使用感は変わっても、主成分のミノキシジルが入っていれば効果はあります。
効果の確認は、目尻や額の産毛なども伸びるようですから、チェックしてみてください。

わたしは、フォリックスで髪や目尻の産毛がよく伸びることを実感していますので、イチオシし続けています。
プロピレングリコール(PG)未配合
髪を整えやすい
アデノシン配合
これらもポイントです。


好みや使用感は人それぞれです、自分にピッタリな製品と出会えるといいですね。