なぜハゲたのかと聞かれても、とにかくハゲてしまったのです。 なぜ育毛をするのかと聞かれても、とにかく育毛したいのです。

Author

けつお
40代はハゲでした ミノキシジルとフィナステリドで育毛

30代の中頃から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は
誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの
塗り方を工夫、洗髪の大改善でAGA克服
に取り組んでいますが、「もうダメだ」
と何度も挫折しそうになっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用   ←今まだここです
②ボリュームアップの小技集
③ミノキシジルの考察
④一般用医薬品の追加
⑤洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に工夫改善したことを書
こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。
そして今は50代の育毛になっています。


メール

お名前:
メール:
件名:
本文:

わたしの髪の回復率|詳しく


治療5年目の今、こんな感じです。
薄毛のイラスト
ほぼ薄毛ではなくなったと思うのですが、手ごわいのは白骨街道、つむじ、そして右の生え際です。

白骨街道はボリューム感に影響するのですが、洗髪を工夫して何とかなってます。
つむじは今年もやや増えているようなので、少し安心しています。

ほとんど改善しないのが右の生え際、ほんっと手ごわいです。
それなのに左の生え際は、ミノキシジルを塗らなくてもよい程に回復しています。
( ・ω・)なぜ?


抜け毛の変化

抜け毛を観察してきて、思うことがあります。
AGA治療薬を始めた頃、3センチくらいの先細りの髪が半分近くありました。
放っておけば、もっと退行したことでしょう。

薬と生活習慣の改善で、5センチほどものが増え、そして7センチに、やがて10センチくらいに。
髪が10センチ以上伸びる
10センチを超えると散髪でカットされ、先細りではなくなりました。
今年は長めに散髪してもらい、15センチのものも増えました。
毎年徐々に、長く太くなっています。

こうして過去のことを書けば、毎年長くなって良い感じですが、最初の1年は頑張っても初期脱毛があったり目立って伸びず、虚しい限りでした。


数で考えてみました

3センチをスタートとして、ざっくりと日数と長さを考えました。

①フィナステリドを服用する
 外用ミノキシジルを塗る
2週間後に嵐の初期脱毛 14日+30日
③退行・休止期の120日
5センチ伸びるのに約125日
⑤退行・休止期の120日
7センチ伸びるのに約175日
⑦退行・休止期の120日
10センチ伸びるのに250日
⑨退行・休止期の120日
15センチ伸びるのに375日

なんと、3センチから15センチに伸びるまで1,449日、4年ほどかかっています。
桃や栗より遅いじゃないかっ

しかも、まだまだ!
前髪やつむじは伸びにくく、1.3倍の時間がかかるそうです。
ですから1,884日、5年以上かかるということになります。

やっぱりなぁ~
そして、わたしは加齢で遅れ気味。
(_ _ガク


AGAでなければ

30代の頃、丸坊主にしたことがあります。
丸坊主と長髪
なんと、いともたやすく10ヶ月で長髪に。
1ヶ月12ミリの成長×10ヶ月=12センチ以上。

抜けないって、すごい!
若いって、よく伸びる~

その時、職場の女性達から言われた言葉は、「見るたびに驚くほど髪が伸びてます、エッチなんですね」
フサフサでもエッチと言われ、
ハゲてもエッチと言われ。
(_ _ガク