抜け毛の本数|80~120本


薄毛になり、抜け毛に敏感になりました。
ベッドに残る髪、クシで抜ける髪、排水溝にたまった髪、ドライヤーで飛び去る髪。

すっごくめんどくさいんですけど自分の為、今月は1日おきほどに、ベッド・クシ・排水溝・洗面所の抜けた髪を器にため、夜に内職のように数えました。
7月平均 太い髪62本、細い髪50本、合計112本

抜け毛の比較

記録を振り返ってみますと、毎年、春から夏は細い髪の割合が増えます。

平均100本

あちこちのホームページや本から、抜け毛の本数を調べてみたところ、平均100本、80本から120本くらいのようで、冬は少なく夏は増えるようです。
ここ数年のわたしの抜け毛の記録もほぼ同じです。
抜け毛の本数に関しては、平均のようなので安心することにしました。
写真でも、毎年何とか髪は増えているようですし。

※20代の男性の抜け毛は多く、150~200本のようです。
※女性は若い頃は少なく、年々増えるようです。

平均に近い数がいいと思います

育毛していると、抜け毛は少ない方が良いと思いがちですが、そうでもないようです。
少な過ぎると、髪が肉眼では見えにくいほど産毛化していることもあるからです。

振り返ると、
AGAが始まった頃は排水溝が詰まるほどドバドバ抜けて、
ミノキシジルを塗ると初期脱毛で悲しいほど抜けて、
ミノキシジルで痒みが出た頃は悔しいほど抜けて、
やっと昨年あたりから安定し、目指すは細い髪を太くすることになりました。

抜け毛の本数に関して、何を言いたいのかまとめますと、こうなります。

一日、洗髪の抜け毛の本数

処女の毛は勝負事のお守りになり、
女性の長い髪は東本願寺の建立に役立ったそうですが、
わたしの抜け毛は汚物以外の何物でもありません。
(_ _ガク


関連記事

コメント

非公開コメント

けつお

30代の後半から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの塗り方を工夫、生活習慣の大改善で薄毛克服に取り組んでいます。

問題発生 →工夫 →失敗 →改善
を繰り返す苦悩の日々で、「もうダメだ」と何度も挫折を味わっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用 ←今まだここです
②ミノキシジルの考察
③一般用医薬品の追加
④洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に「効果アリト認ム」と感じたことを書こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。

  使用中、使用したAGA治療薬

ブログ記事「育毛の費用|理想と現実」

通常一週間ほどで届くところが、新型
コロナウイルスの影響で航空貨物線が
減便、遅れているようです。ご注意く
ださい。             


試した中で唯一、塗るとボリューム
アップできた外用ミノキシジル。 
髪を立たせるように整えるのがコツ
で、ゴワゴワした感じです。   
フォリックスは痒み少なめで、前髪
に効くという噂もあり、アデノシン
配合の希望つき、そんな理由でわた
しは5%のものを使っています。 


男女兼用のフォリックス、2%です。
おそらく保湿に配慮されており、外用
ミノキシジルで痒い経験をされた方は
試す価値があると思います。    


いろんな種類がありますので、色々
と試して自分にピッタリなのを探す
のも良いかも知れません。    

フォリックスを使うにはロゲインなど
の容器やスポイトがあると便利です。
容器の再利用は育毛のポイントかも?


フィナステリド・フィンペシア  
これなしで育毛は考えられません。
フィナステリドは99.7%の確立で 
薄毛の進行を止めるそうです。  


フィナステリド・プロペシア   
潤沢な予算があれば、プロペシアが
良いです。わずかにジェネリックよ
り効果が良いそうです。