なぜハゲたのかと聞かれても、とにかくハゲてしまったのです。 なぜ育毛をするのかと聞かれても、とにかく育毛したいのです。

Author

けつお
40代はハゲでした ミノキシジルとフィナステリドで育毛

30代の中頃から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は
誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの
塗り方を工夫、洗髪の大改善でAGA克服
に取り組んでいますが、「もうダメだ」
と何度も挫折しそうになっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用   ←今まだここです
②ボリュームアップの小技集
③ミノキシジルの考察
④一般用医薬品の追加
⑤洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に工夫改善したことを書
こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。
そして今は50代の育毛になっています。


メール

お名前:
メール:
件名:
本文:

2018年7月の髪の状態|頭頂部


毎年、同じ場所で、頭頂部の写真を撮ってもらっています。

2年前の治療3年目の写真、
去年の治療4年目の写真、
そして、11月で治療5年目となる今の写真です。

朝のスッキリ洗髪から5時間は経っており、スプレーやワックスはなしです。
洗髪直後や、ブローの後では、髪がフンワリしているので参考にならないですよね。

つむじの写真

女性のシースルーな夏服は大歓迎ですが、おっさんのシースルーな頭皮は我ながらガッカリです。

つむじの毛が生えた

今年やっと、地肌が隠れるようになっていました。

髪が増えた

もうハゲとは言わせない

5年ほど前、同級生の数名は、薄毛治療にミノタブを選びました。
外用ミノキシジルを選んだのは、わたしだけでした。

最初の2年、ミノタブを選んだ友人達はフサフサになり、わたしは大きく遅れをとって、悔しいやら情けないやらみじめな気持ちでいっぱいでした。
外用ミノキシジルは、手間がかかり、洗髪に左右され、発毛の効果も遅く、正直に言うと後悔もしました。

しかし、今では逆転しています。
ミノタブを選んだ友人達は、薄くなり、前髪も無くなり、副作用が怖くてリタイアしたりしています。
「ミノタブは5センチくらいしか伸びない!」と言っています。

今年の晩秋には、もっと差が開くとわたしは思っています。
同窓会が楽しみだなぁ。

うふ♪