なぜハゲたのかと聞かれても、とにかくハゲてしまったのです。 なぜ育毛をするのかと聞かれても、とにかく育毛したいのです。

Author

けつお
40代はハゲでした ミノキシジルとフィナステリドで育毛

30代の中頃から髪のボリュームが減り、
39歳で髪質が急に細く短く変化、44歳は
誰もが認める見事な薄毛になりました。
本格的な育毛は46歳からです。

フィナステリドの服用、ミノキシジルの
塗り方を工夫、洗髪の大改善でAGA克服
に取り組んでいますが、「もうダメだ」
と何度も挫折しそうになっています。

ブログの内容は、
①治療薬の併用   ←今まだここです
②ボリュームアップの小技集
③ミノキシジルの考察
④一般用医薬品の追加
⑤洗髪の工夫、油分と水分の調節
の順で、個人的に工夫改善したことを書
こうと思っています。

新陳代謝もホルモン分泌も減って、
40代からの育毛って、ほんっと大変。
そして今は50代の育毛になっています。


メール

お名前:
メール:
件名:
本文:

ハゲの呪い┃気付けば痛いオヤジになっていました

20年前、まさか自分がハゲるとは思っていませんでした。髪が長いのは、忙しくてなかなか散髪に行けなかったからです。しかし・・・ 現像写真に・・・ 時代を感じます。そして10年後、そのまさかが写真に!「どこの誰やねん!」と自分に言ったあの夏。まるであざけ笑うかのようにアブラゼミが鳴き、太陽はギラギラと頭皮を照らし続けました。涼しい夜は味方かと思いきや、風呂場の排水溝は洪水のように詰まり、枕は髪をむしり取り...
記事の続きを読む